日本人に見るネイティブ英会話講師崇拝の幻想

Why not all “native” speakers are good English teachers

By Karl O'Callaghan

町の書店に溢れる英語学習書籍の中でも、日本人英語の「へんな点」を指摘する「ネイティブ」による英語本は、つねにベストセラーの一角を占めるそうです

 

英語学習者にとっては、ネイティブとの会話は、それ自体が一種の「舞台」だったり「発表会の場」だったりします。相手にどんな風に聞こえてるのだろう、そもそも自分の英語は通用しているのだろうか。Etc..

 

アレクシスでMarketing Strategyを担当する Karl O'Callaghanは、そんな学習者の「ネイティブ信仰」に、率直な疑問を提示し、英会話講師が備えるべき本来の資質を問いかけます。

There is a bias within Japan whereby many people believe just because a person is a native English speaker, that it makes them a good teacher. Many language schools in fact use “native” as a selling point.

Of course, in many cases, it is true that native speakers are excellent teachers. But just being born and even raised in an English-speaking country is not enough to guarantee being a good teacher. After all, even though most Japanese native speakers can use keigo, not everyone can explain how, when and why.

Here are four factors to look for in a teacher:

1. Empathy

Ability to understand what you want to get out of your class. If the teacher is just following the textbook and doesn’t really know your goals and why you’re there, it means you can never hope to achieve what you need to. If the subject is business, it helps if the teacher has worked in business themselves.

 

2. Good listener

This is related to empathy. The teacher who listens well is almost always a good teacher. They give you a chance to talk rather than hogging the conversation. The more time you speak, the more practice you get.

 

3. Preparation

Would you go to a meeting without reading the agenda in advance and without a notebook? No, of course not! Just like with any job, it is essential to come ready and prepared. If there’s a long pause followed by a puzzled look: What shall we do next?, you know the teacher isn’t ready.

 

4. Language learning experience

If the teacher has mastered another foreign language, you know that they know what it’s like to be a learner. They understand your frustration at intermediate level when progress naturally slows. A good teacher will have a few strategies to help you.

 

 

Of course there are many other characteristics to look for in a teacher. But these four are very strong indicators that you will come away from the class having learned something useful.

 

 Karl O'Callaghan: 英国出身、駐日英国大使館 英国貿易投資総省のマーケティングおよび事業部長、オックスフォード大学出版局(東京)マーケティング部長を経て、コンサルティング会社(海外ドットワールド、www.kaigai.world)を設立。現在はコンサルタントとして日本企業の海外進出を支援中。仏、露、日を含む5か国語に堪能。兵庫県たつの市在住。

2016年9月、ALEXYSの戦略アドバイザーに就任。担当の「マーケティング戦略」コース(2017年1月開講予定)には企画段階から関わっている。

 

 Advanced Course (Marketing Strategy)担当

日本では「ネイティブ・スピーカー」=「グッド・ティーチャー」というバイアスが染みついているが、必ずしも当てはまらない。にもかかわらず、多くの語学教室で「ネイティブ」の講師を売りにしているのが実態だ。

 

ネイティブの講師が、もちろんすばらしい教え手である場合も多い。だが、当然のことながら、英語圏の国に生まれ、もしくは育ったことをもって、グッド・ティーチャーの資格を保証するものではない。これは、日本語を話す大抵の日本人は敬語を使いこなせるが、「どのように」「いつ」「なぜ」それを使うのか、誰でも的確に説明できるわけではないのと同じ理屈だ。

講師に期待すべき四要素とは

1.共感性

生徒が何を学びたいかを理解できる能力。講師が単に教科書通りに授業を進めるだけで、生徒の目標や学習目的を理解していない場合、生徒には大きな成果は期待できないだろう。もしビジネス英語のコースであれば、講師にもビジネス経験が求められる。

 

2.良き聞き手

共感性にも通じるが、良い聞き手は良い教師を作る、ということだ。こういう講師は会話を独り占めすることなく、生徒の発話を促す。発話の機会を多く持つことが、会話練習の秘訣だ。

 

3.準備万端

会議の前に議題を見ずに会議に臨むことがあるだろうか?どんな仕事でも、事前準備は欠かせない。沈黙に続いて困惑顔で「さぁ、次はどうしましょうか」というようでは、講師は準備を怠っていると言わざるを得ない。

 

4.語学を学んだ経験

講師自身が外国語を習得した経験があれば、語学学習の苦悩を十分理解できる。中級レベルに達してもそこから思うように上達できずにフラストレーションを感じている生徒の苦しみを共感できるからだ。グッド・ティーチャーは、あなたのための「戦略」をいくつか持っているものだ。

 

もちろん、これらに限らず、多くの様々な特性についても見ていく必要はある。ただし、上記で述べた四つ要素については、あなたが、今受講している語学学習のクラスから大切な何かを学ぶことができるかどうかを示す、極めて重要な指針となることだろう。


当社のコーチ陣は、国内をはじめ米国、英国、豪州、ニュージーランドなど世界各地を拠点にしています。講師採用の基準は、ネイティブ・スピーカーか否かというより、それぞれの分野での専門性の高さや、経験の確かさを見るようにしています。「共感性」を備えた講師陣が、「良き聞き手」として受講生の課題を理解し、問題解決のための表現をコーチングします。専門性の高い質問に答えるべく常に「準備万端」の体制を整えるよう努力しています。

図師 純一郎 CEO

 

 

Our coaches are based in various parts of the world including Japan, the United States, the United Kingdom, Australia, New Zealand, etc. The criteria for adopting coaches is not to say whether it is a native speaker or not. Rather than that, we care about his/her expertise in each field and the certainty of experience. Coaches with "empathy" will understand students' problems as "good listeners" who can feed them good tips on expressions for problem solving. Also, in order to answer highly specialized questions, we are constantly making efforts to be "in full preparation".

 

Junichiro Zushi, CEO

図師純一郎、東京都出身。UCSB (カリフォルニア大学サンタバーバラ校)にてMaster of Arts (MA) in Political Scienceを取得後、三井銀行(現三井住友銀行)に入行。海外の現場で現地企業取引を中心に第一線の業務を担当。外資系銀行に転じ、Vice Presidentに就任。その後も大学で教鞭を取るなど活動の幅を広げる。2015年にアレクシス株式会社を共同設立し、代表取締役CEOとして現在に至る。現場の「臨場感」のある本物のビジネス英語を、若いビジネスパーソンにやさしく伝えたい、という熱い思いは常に変わらない。