ノミニケーションが海外のオフィスでも重要に!・・でも何故?

Allergic to small talk? Why Nominication is important overseas too! And why nominication takes place even inside the office

by Karl O’Callaghan

日本人で、自分が話し下手だと思っている人は、意外に多いのではないのでしょうか。そんな方に朗報です。

 

懇親会で初めての人と如才なく話すのは、実は多くの人にとって大変ストレスフルなこと。

「お名前は」「ご職業は」「お役職は」「ご経歴は」、、、うんざりですよね。当のカール自身スモール・トークが実は苦手で、手汗をかく瞬間だそうです。

 

そんな話下手に、彼が目からウロコの経験をブログに纏めてくれました。それは・・・「相手に答えを考えさせる質問」をしてみること!大きなビジネスチャンスに繋がるかもしれません。

 

 

How many times have you been caught in elevator or at a networking party and not known what to say? 

 

I’m an introvert. 

 

I feel very nervous when somebody makes eye contact with me at a social gathering. The problem is I’m allergic to small talk. My palms get very sweaty when somebody I don’t already know walks over to me with a drink in hand. Even as a native speaker of English, I feel very awkward starting conversations in my own language. I’m bored of “What’s your name?” and “What’s your job?” Half the time, you forget within ten minutes anyway!

 

One of the richest conversations I’ve had in recent times was when a person came over to me. They asked me the usual stuff: what do I do, what’s my history, etc. To be honest, I was a little bored and was thinking of a way to politely end the conversation. But then something magical happened. They asked me a question that really made me think:

 

What’s the biggest challenge you face every day?

 

It made me think so hard about the things that I struggle to overcome. We hit it off after that and are still in touch and trying to actively help one another achieve our goals. 

 

In an article published by McKinsey in April 2007, Rob Cross, Salvatore Parise and Leigh Weiss referred to “brokers” and “central connectors”. Central connectors are the glue that binds groups together. It doesn’t have to be the so-called leader. In fact, very often, it isn’t. The brokers are the people who connect one group to another. They become a catalyst for sharing of new ideas that would never have happened without the broker. The world needs both of these types of people. By opening yourself up to speaking with new people, you may be giving you and them the opportunity to open new worlds. 

“The role of networks in organizational change” by Robert L. Cross, Salvatore Parise, and Leigh M. Weiss, McKinsey Quarterly, April 2007

And there’s no reason why rather than gossiping, these conversations cannot happen beside the water cooler or in the elevator hall at your office. Small talk is a necessary evil. It’s the gateway to bigger conversations and to solving problems. You never know, a friendly comment about somebody’s hair or bag, or about the bicycle they ride to work, might trigger a relationship that helps you solve a big problem at work. Just don’t jump in and ask “What’s your name?”

 

(日本語訳)

 

エレベーターや交流会で出会った人とどう言葉を交わすべきかで、困惑した経験はありますか?

 

私は内気な性格です。

 

懇親会で誰かと目が合った時、私はとても緊張してしまいます。というのもスモール・トークが苦手だからです。見知らぬし人が飲み物を手に近寄ってくると、緊張で手汗が出てしまいます。英語のネイティブ・スピーカーとはいえ、母国語で会話を切り出す時、とても落ち着かない気分になります。「お名前は?」とか「お仕事は?」は、もうんざりだし聞いたところで、いつも10分もしない内に忘れてしまいます。

 

ある時、ある人達から話し掛けられ、最近では最も機知に富んだ会話に恵まれることになりました。まずありきたり質問から始まりました ~ 私の職業、経歴など。正直言って些か退屈で、体よく会話を切り上げられたらと考えていたほどです。ですがそこで摩訶不思議なことが起こったのです。私に答えを考えさせられる質問をしてきたのです。

 

毎日直面する最大の課題は?

 

私が乗り越えようと悪戦苦闘していることって一体何か、深く考えさせられてしまいました。彼らと意気投合しそれ以来連絡を取り合い、互いの目標達成に向け助け合っています。

 

マッキンゼーが2007年4月に発行したRobert Cross, Salvatore Parise, Leigh Weissの3氏による記事の中で、”Brokers”(仲介者)と”Central Connectors”(中心的コネクタの役割を担う人物)について触れています。Central Connectorsとは、組織同士を結び付ける接着剤の役割を果たす人たち。いわゆる「リーダー」である必要はありません。それどころか、そうでない場合が殆どです。Brokersは、ある組織を別の組織に繋ぐ人たち。彼らは、彼らの存在がなければ成し得ないであろう新しいアイデアの共有に、触媒として機能します。世の中には(Central ConnectorsとBrokersの)両方のタイプが求められているのです。初めて会う人と会話すべく心を開くことによって、あなたとその相手に新しい世界をもたらすことができるのです。

 

冷水器の傍らやエレベーター・ホールで、噂話ではなく、そういう(機知に富んだ)会話を交わすことができない理由などありません。スモール・トークは必要悪で、スケールの大きな話題や問題解決への入り口となります。誰かのヘアスタイルやバッグ、或いは通勤に使っている自転車に関する他愛のない話が、関係構築のきっかけになり、仕事上の難題解決の糸口になり得ます。割り込んで「お名前は?」と尋ねるだけでは能がありません。

 

Karl O’Callaghan

 

英国出身、駐日英国大使館 英国貿易投資総省のマーケティングおよび事業部長、オックスフォード大学出版局(東京)マーケティング部長を経て、コンサルティング会社(海外ドットワールド、www.kaigai.world)を設立。現在はコンサルタントとして日本企業の海外進出を支援中。仏、露、日を含む5か国語に堪能。兵庫県たつの市在住。


図師純一郎、東京都出身。UCSB (カリフォルニア大学サンタバーバラ校)にてMaster of Arts (MA) in Political Scienceを取得後、三井銀行(現三井住友銀行)に入行。海外の現場で現地企業取引を中心に第一線の業務を担当。外資系銀行に転じ、Vice Presidentに就任。その後も大学で教鞭を取るなど活動の幅を広げる。2015年にアレクシス株式会社を共同設立し、代表取締役CEOとして現在に至る。現場の「臨場感」のある本物のビジネス英語を、若いビジネスパーソンにやさしく伝えたい、という熱い思いは常に変わらない。