語学マスターの極意 :忘却曲線を知って効率的に記憶に定着させよう!

Why 50 minutes a week is not enough: the Forgetting Curve

By Karl O'Callaghan

かつて「出る単」「でる熟」をボロボロになるまでめくって覚えた英単語や熟語の数々。あの頃のパワーと柔らかい頭脳が懐かしくも羨ましく思われるのは、年輪を重ねた証拠でもあります。それにしても「忘却曲線」の傾斜が年齢とともにきつくなっているのではと感じてしまいます。

 

それでも外国語の習得に「記憶」は欠かせませんので、いかに効率的に「記憶に定着させる」か、を追及するしか他ありません。

 

Continuity is the father of success! カール曰く、外国語の学習には「継続」にまさるものは見当たらないようです。彼の提言に一点付け加えるとすれば、単語や表現などを「コンテキスト(文脈)」の中で、覚えていくと更に効率性がアップすること請け合いです。

 

Why is it more challenging?

Learning our first language takes years. I have an eighteen-month-old daughter who is just learning to speak her two native languages: Japanese and English. She has a few go-to phrases like “sit down” or “akan” (Kansai Japanese for “No”). She’s very bossy. Probably about half the phrases she uses are those that she repeats often. The other 50% of what she says is often completely unintelligible for me.

It’s both easier AND more difficult to learn a foreign language.

 

Firstly, why is it easier? Well, as an adult, you have a tremendous head start on babies. We understand society and all the context that society brings. A baby is learning everything for the first time, but we don’t need to be taught the concepts of “post office” or “profit.” Sure, there are things we don’t understand, but 99% of what we encounter every day even in a foreign language context is known.

 

So why is it more challenging? Well, babies usually have their mothers and fathers, and other family around them who can provide models for the language they are trying to learn.

 

If you’re studying English, merely going to class once a week for fifty minutes or so is not enough. In 1885, German psychologist Hermann Ebbinghaus proposed the Forgetting Curve, which represents how information is forgotten over time if we make no attempt to remember it. If we try to remember (by practicing) we remember more. Many disputed his theory because he tested it upon himself. But subsequently, the theory has been tested and proven many times. 

 

Much exposure to English outside the classroom

 The best way to mitigate the Forgetting Curve is to keep practicing. Great if you have time and can afford to take classes every day. But other ways to ensure you remember are to watch TV or DVDs in English (preferably with the English subtitles switched on as you listen in English), or to read books and information that interests you in English.

 

One of the reasons that ALEXYS uses the flipped method of learning is to ensure that you as the student get as much exposure to English outside the classroom as possible.

 

 

 Karl O'Callaghan: 英国出身、駐日英国大使館 英国貿易投資総省のマーケティングおよび事業部長、オックスフォード大学出版局(東京)マーケティング部長を経て、コンサルティング会社(海外ドットワールド、www.kaigai.world)を設立。現在はコンサルタントとして日本企業の海外進出を支援中。仏、露、日を含む5か国語に堪能。兵庫県たつの市在住。

2016年9月、ALEXYSの戦略アドバイザーに就任。担当の「マーケティング戦略」コース(2017年1月開講予定)には企画段階から関わっている。

 

 Advanced Course (Marketing Strategy)担当

経験豊富な大人が英語で苦労するワケ

母国語の習得には、長い歳月を要します。私の生後18か月になる娘は、彼女にとって二つの母国語 -日本語と英語- を今まさに習得中です。「すわって」や「あかん(ダメ)」などいくつかお決まりの表現を覚えたところです。彼女はとても威張り屋さんです。彼女が使う表現のおそらく半分は、彼女がいつも繰り返し使っているもので、あとの半分は私には全くちんぷんかんぷんです。

 

外国語を学ぶということは、より簡単であり、そしてより難しくもあります。

 

まず最初に、なぜ易しいか?大人として、乳幼児より遥かに有利なスタートを切ることができます。我々(大人)は社会というものを理解し、社会生活の中から事情や背景を把握することができます。乳幼児はというと、何もかも初めて学ぶ訳ですが、大人は「郵便局」や「利益」など言葉の概念をいちいち教わる必要がありません。もちろん分からない事に遭遇することはありますが、私たちが日々接する事象・事柄は、たとえ外国語の文脈においてさえ、その99%は既に知っているものです。

 

では、なぜ難易度がより高いと感じるのでしょう?乳幼児の周りには父母や家族が常にいて、彼らが学ぼうとしている言葉について手本や模範を示してもらえます。

 

あなたが英語を習得中だとしたら、週一回50分程度の授業に参加したところで、全く十分ではありません。1885年にドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが、覚えておく努力をしない場合、時間の経過とともにいかに記憶が失われていくかを表わした「忘却曲線」を提唱しました。逆に復習することによって、より多くの情報を記憶に留めておくことができるのです。彼が自身で試したことから、この理論は多くの批判を浴びることになりました。ですが、その後の検証により実証されています。

 

クラスの外でも可能な限り英語に触れよう

忘却曲線を緩やかにする最善策は、復習することです。時間に余裕があれば毎日授業を受けることができますが、他の方法として英語のテレビ放送やDVDを見ること(英語の字幕付きがベストです)、もしくはあなたの興味を引く分野の書籍や文献などを読むことが、記憶の定着に役立ちます。

 

ALEXYSビジネス英会話が反転授業(flipped method)の方式を取り入れている一つの理由は、(週末の)レッスンの前に学習者であるあなたに、英語に接する機会をなるべく多く且つ確実に提供するためです。

 


当社のコーチ陣は、国内をはじめ米国、英国、豪州、ニュージーランドなど世界各地を拠点にしています。講師採用の基準は、ネイティブ・スピーカーか否かというより、それぞれの分野での専門性の高さや、経験の確かさを見るようにしています。「共感性」を備えた講師陣が、「良き聞き手」として受講生の課題を理解し、問題解決のための表現をコーチングします。専門性の高い質問に答えるべく常に「準備万端」の体制を整えるよう努力しています。

図師 純一郎 CEO

 

 

Our coaches are based in various parts of the world including Japan, the United States, the United Kingdom, Australia, New Zealand, etc. The criteria for adopting coaches is not to say whether it is a native speaker or not. Rather than that, we care about his/her expertise in each field and the certainty of experience. Coaches with "empathy" will understand students' problems as "good listeners" who can feed them good tips on expressions for problem solving. Also, in order to answer highly specialized questions, we are constantly making efforts to be "in full preparation".

 

Junichiro Zushi, CEO

図師純一郎、東京都出身。UCSB (カリフォルニア大学サンタバーバラ校)にてMaster of Arts (MA) in Political Scienceを取得後、三井銀行(現三井住友銀行)に入行。海外の現場で現地企業取引を中心に第一線の業務を担当。外資系銀行に転じ、Vice Presidentに就任。その後も大学で教鞭を取るなど活動の幅を広げる。2015年にアレクシス株式会社を共同設立し、代表取締役CEOとして現在に至る。現場の「臨場感」のある本物のビジネス英語を、若いビジネスパーソンにやさしく伝えたい、という熱い思いは常に変わらない。